apt updateでGitLabの公開鍵がエラーになり更新できなかった

Ubuntu Serverで、apt updateを行ったところ、GitLabの公開鍵がエラーになった。

“apt-key list” で公開鍵を確認してみると、「2020-04-15」で期限切れになっていた。

GitLabのページをみたところ、公開鍵(GPG)の更新手順が乗っていたので、実行する。手順は、キーをダウンロードする。次に、GPGキーを追加する。

これで、完了。あとは、もう一度apt updateして、sudo apt upgradeを行う。GitLabも、ちゃんと更新された。

実際に実行すると、下記のような感じ。

■参考 
https://docs.gitlab.com/omnibus/update/package_signatures#package-repository-metadata-signing-keys

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする